header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

最近の記事
header_logo.GIF

タイ語・タイ進出ならお任せ下さい。

2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。
posted by Mark at 17:43| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

洪水被害のタイ王国における国際緊急援助隊排水ポンプ車チームの活動

記録的な洪水被害が発生しているタイ王国政府に対し、日本政府は排水分野
での支援の一環として、11月1日に大型排水用ポンプ等の購入に必要な緊急無
償資金協力を行うことを決定し、これに加え、国際緊急援助隊専門家チーム
(排水ポンプ車チーム)をタイ王国に派遣することとし、現在、排水活動に必
要な排水ポンプ車10台と共に、国土交通省及び外務省の職員がタイ王国に派遣
されています。排水ポンプ車は11月4日に横浜港で積み込まれ、翌5日に出港、
同17日にタイ王国レムチャバン港に到着しました。

 派遣された排水ポンプ車は、国土交通省地方整備局が保有するもので、毎分
30m3の排水能力を有し、小学校の25mプールの水を約10分で空にすることがで
きるものです。また1台で一般的な消防自動車約10台分の排水能力を有してい
ます。排水作業に特化したこの車両は、世界にも類が無く、日本ならではの貢
献活動といえます。これと同タイプの排水ポンプ車は、東日本大震災において、
国土交通省各地方整備局等から計75台が集められ、岩手県、宮城県、福島県等
の津波浸水地域において排水活動に従事しました。

 11月18日、タイ王国バンコク市中心部において、タイ政府主催の到着式典が
行われ、翌19日より最初の作業場所であるアユタヤ県のロジャナ工業団地にお
いて排水作業を開始しました。この工業団地には、自動車、自動車部品、電気・
電子関連、食料品など150社程の日系企業が入居しています。

 ロジャナ工業団地では、排水ポンプ車10台による24時間体制の排水作業の結
果、推定約230万m3(25mプール約6,400杯分)の排水を実施し、最大1.5m程度の
水位を低下させ、27日に排水作業を完了しました。
 排水ポンプ車は、タイ政府から排水作業の要望のあったバンカディ工業団地
へ移動し、引き続き同工業団地や周辺住宅地の排水活動を行います。

 ■ロジャナ工業団地における排水作業の概要
  http://www.mlit.go.jp/common/000183847.pdf
posted by Mark at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

タイ洪水被害を受けた日系企業の関連中小企業者対策

多くの日系企業が被災している状況に鑑み、その関連(国内)中小企業者に対
して、以下の措置を講ずることとしました。

・国内約1,000箇所に相談窓口を設置
・現地での相談窓口を設置
 日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所において、「洪水相談窓口」を設
 置し、被災した現地の日系企業からの経営・金融相談に応じています。
詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2011/111017Thai.htm
posted by Mark at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

ジェトロ 緊急特集:タイ洪水被害に関する情報

http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/flood/

■在タイ日系企業の相談窓口
ジェトロ・バンコク事務所   TEL:66-2-253-6441
posted by Mark at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

「タイビジネスミッション」を11月14日〜19日にバンコクにて実施します!

今年5月に実施しました「タイビジネスミッション」が大変好評でしたので、11月にバン

コクにて開催されますBOI FAIRの時期に合わせて今年第二弾の「タイビジネスミッション」

を11月14日−19日の期間で実施します。このミッションは、海外進出あるいは海外取引

をご検討中の日本の投資家の皆様に取りましてはタイの産業の実力と可能性をご覧いただ

けるよい機会です。ローカル企業とのビジネスマッチング、BOI担当官による個別相談、外

国人による会社設立、労働法規、税務、BOI奨励による恩典、ビザ・就労許可申請に関する

セミナーや既進出企業による体験談、ローカル企業工場見学、工業団地視察、Thai METALEX

2011展見学など充実した内容で構成されております。皆様のご参加を心よりお待ちしてお

ります。



【開催日時】  2011年11月14日(月)〜19日(土)

【開催場所】  バンコク

【主催】     タイ投資委員会(BOI)

【申込方法】  お申込みは下記URLに入っていただき、申込書およびパスポートのコピ

ーを添付してウェブから10月12日(水)までにお申込ください。



詳細のご案内とミッションお申込みはコチラ↓

http://intranet.boi.go.th/osaka/index.php?id=BOI

        

         *ウェブから印刷いただいた申込書をメールまたはFAXでお送りいただいても結構です。



【参加費】   ミッション参加費用(概算): 70,000円〜80,000円 (現地費用のみ)

※上記代金は、現地における費用のみでタイまでの渡航費用は含まれておりません。飛行

機は各自にてお手配下さい。

※確定代金は、募集終了後に追ってお知らせします。

    

<お問い合わせ先>

タイ投資委員会大阪事務所  

TEL: 06-6271-1395 / Fax : 06-6271-1394 

E-mail: osaka@boi.go.th

担当:藤原・迫田


posted by Mark at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

タイの文化を楽しもう!]伝統人形劇 ジョー・ルイス タイ・パ ペットシアター開催(9/12 入場無料 要申込 神戸市中央区) 〜日本とタイの文化・友好交流を促進!〜

「フン・ラコン・レック」と呼ばれるタイの操り人形劇。アユタヤ王朝
時代から宮廷娯楽として親しまれています。ジョー・ルイス タイ・パペッ
トシアターはタイの人形劇団で、2008年の世界人形劇フェスティバルでは
ベストパフォーマンス賞を受賞しました。世界に認められたタイの伝統人
形劇を是非お楽しみ下さい!

日 時:2011年9月12日(月) 18:00-20:00
場 所:神戸新聞松方ホール
地図→ http://www.kobe-np.co.jp/matsukata/access/index.html (日)
主 催:タイ王国大阪総領事館( http://www.thaiconsulate.jp/wwwj/
(日))
鑑賞料:無料
申込み:8/31締め切り、先着順

(申込方法)下記のいずれかの方法で申込みください。
1. 下記申込書(日本語)をダウンロードしてご記入の上、ファックスにて
お申し込みください。
 ・申込書→ http://www.thaiconsulate.jp/asset_j/doc/JLFORM.pdf (日)
2. 代表者氏名(ふりがな)、住所、連絡先、会場名、参加人数を明記の上、
Eメールでお申し込み下さい。(日本語、英語可)
 ・Eメールアドレス→ thai.osa.culture@gmail.com

※フン・ラコン・レックとは http://www.accu.or.jp/ich/jp/arts/A_THA2.html
(日)
posted by Mark at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

タイ企業との商談会(ビジネスマッチング)

http://www.pref.osaka.jp/keizaikoryu/thai_matching2011/
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃ 8月5日(金)にタイ投資委員会(BOI)が、タイ企業21社を大阪に招いて関西の
┃企業との商談会(ビジネスマッチング)を行います。
┃ タイ企業とのビジネス(進出、部品調達、委託生産、ビジネスパートナーの
┃発掘など)についてご関心がございましたら、下記までお申込ください。

┃開催日時:8月5日(金) 13:00〜17:00
┃開催場所:市内ホテル
┃タイ参加予定企業:21社
┃ *各企業の詳細情報は下記ホームページにてご紹介しております。
┃ http://osaka.boi.go.th/pdf/Thai_Participant_List_as_of_24_JP-All.pdf
┃申 込:ホームページから7月22日(金)までにお申込ください。
┃問 合:タイ投資委員会(BOI)大阪事務所 
┃    TEL:06-6271-1395 E-Mail:osaka@boi.go.th

posted by Mark at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

原産地証明書提出できず食品輸入が停滞 商工会議所発行は認めず(タイ)  2011年04月21日 バンコク発

◆原産地証明書提出できず食品輸入が停滞 商工会議所発行は認めず(タイ)
 2011年04月21日 バンコク発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/biznews/4daf92ddb5658

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆シングルウインドー構築は関係機関との調整がカギ
 通関手続き円滑化の現状と問題点(1)(タイ、ASEAN)
 2011年04月19日 バンコク発・アジア大洋州課
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/biznews/4dacd4db7f710

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆中国、インド向けで利用率急伸 10年のFTA利用動向(2)(タイ、ASEAN)
 2011年04月14日 バンコク発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/biznews/4da648a227cb8


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆シンガポール向けを除くAFTA利用率は38%に 10年のFTA利用動向(1)
(タイ、ASEAN)2011年04月13日 バンコク発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/biznews/4da3fd82510e0
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆日本留学経験者がシンポジウムで体験談(タイ)
 2011年04月12日 バンコク発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/biznews/4da2a915b7598


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆AFTA自己証明制度の早期導入を予定−ASEAN諸国のFTA進展と利用上の課題(3)
(タイ、ASEAN)2011年04月08日 バンコク発・アジア大洋州課
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/biznews/4d9d3872f1f18


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆対日投資促進シンポジウムを開催(タイ、日本)
 2011年04月06日 バンコク発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/th/biznews/4d9adecc0ea60
posted by Mark at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

最新スポット情報−外務省 海外安全ホームページ

◎最新スポット情報−外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header


◎タイちゃんねるBBS [タイ旅行やタイ生活の掲示板]
http://jbbs.livedoor.jp/travel/3341


◎#ThaiRedJ−Twitter
http://twitter.com/#search?q=%23ThaiRedJ
posted by Mark at 14:39| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

ワンスタートワンストップ投資センター(OSOS)がバンコクにオープン

2009年11月23日、タイ・バンコクに、ワンスタートワンストップ投資センター
(One Start One Stop Investment Center、略称:OSOS)が開設されました。
これは、タイへの投資に興味がある、もしくは検討・計画中の企業・投資家が、
10省庁21団体の投資関連相談・情報収集を行うワンストップ窓口です。21団体に
は、工業省管轄下のタイ投資委員会(BOI)やタイ工業団地公社(I-EA-T)も含まれ
ています。
手続きによっては、OSOSで完結するものもあり、投資企業の時間と手間を削減で
きるよう配慮されています。
また、進出後のサポートとして、タイのローカル企業とのビジネスマッチング・
商談なども可能とのことです。
加えて、査証や就労許可手続きを行うオフィスが、OSOSの向かいに2010年1月4日
に移転し、利便性が高まっています。
2010年2月にBOI主催の「タイ投資情報ミッション」でOSOSを訪問した際、クロン
カノック所長は「既に多くの国内外企業にご利用頂いています。大阪の企業にも
是非活用して欲しいです。」と述べられていました。

◆場所: 18th Floor, Chamchuri Square Building
     319 Phayathai Road, Pathumwan
Bangkok 10330, Thailand
Tel: 66(0)2 209 1100 Fax: 66(0)2 209 1199 Email: osos@boi.go.th
    (MRTサムヤーン駅に直結し、チュラロンコン大学に隣接する「チャム
     チュリ・スクエア」18階)
◆対象企業:中小企業、大企業など投資規模に関係なく、タイへの投資をご検討・
      計画している企業。外国企業、タイ国内企業の両方が対象。
◆言語:日本語・英語・中国語での対応可能
    ウェブサイト: http://osos.boi.go.th/

posted by Mark at 22:37| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ワンスタートワンストップ投資センター(OSOS)がバンコクにオープン!★★

2009年11月23日、タイ・バンコクに、ワンスタートワンストップ投資センター
(One Start One Stop Investment Center、略称:OSOS)が開設されました。
これは、タイへの投資に興味がある、もしくは検討・計画中の企業・投資家が、
10省庁21団体の投資関連相談・情報収集を行うワンストップ窓口です。21団体に
は、工業省管轄下のタイ投資委員会(BOI)やタイ工業団地公社(I-EA-T)も含まれ
ています。
手続きによっては、OSOSで完結するものもあり、投資企業の時間と手間を削減で
きるよう配慮されています。
また、進出後のサポートとして、タイのローカル企業とのビジネスマッチング・
商談なども可能とのことです。
加えて、査証や就労許可手続きを行うオフィスが、OSOSの向かいに2010年1月4日
に移転し、利便性が高まっています。
2010年2月にBOI主催の「タイ投資情報ミッション」でOSOSを訪問した際、クロン
カノック所長は「既に多くの国内外企業にご利用頂いています。大阪の企業にも
是非活用して欲しいです。」と述べられていました。

◆場所: 18th Floor, Chamchuri Square Building
     319 Phayathai Road, Pathumwan
Bangkok 10330, Thailand
Tel: 66(0)2 209 1100 Fax: 66(0)2 209 1199 Email: osos@boi.go.th
    (MRTサムヤーン駅に直結し、チュラロンコン大学に隣接する「チャム
     チュリ・スクエア」18階)
◆対象企業:中小企業、大企業など投資規模に関係なく、タイへの投資をご検討・
      計画している企業。外国企業、タイ国内企業の両方が対象。
◆言語:日本語・英語・中国語での対応可能
    ウェブサイト: http://osos.boi.go.th/
posted by Mark at 22:43| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

アドバイザーのタイ国出張レポート ┃  〜これから投資を考える企業のためのタイ国東北部の魅力について〜

2010年1月31日から2月6日まで、タイ国投資委員会(BOI)と国際機関日本
┃アセアンセンターの招待によりタイを訪問しました。
┃ 今回の出張は、これからタイへの進出を考える大阪の中小企業に対し、
┃タイ国東北部のナコンラシャシマ県とコンケーン県にある工業団地や、
┃そこで活躍する日系企業の現況のほか、タイ国投資委員会の行っている
┃投資支援体制等についての情報を提供することを目的としたものです。
┃※この原稿の続きは下記のURLでご覧いただけます。
http://www.ibo.or.jp/html02/bmi_report.html

┃※ホームページに掲載されている内容については、以下の連絡先までどうぞ。
┃(財)大阪産業振興機構 国際経済支援事業部 ビジネスマッチングセンター 
┃担当:政岡 TEL:06-6942-2674 FAX:06-6942-2258 
┃ Eメール:masaokak@mydome.jp
┃※また、同国への投資情報に関しさらに詳しい情報が必要な方は、
┃ 以下の連絡先までどうぞ。
┃●タイ国投資委員会(BOI)大阪事務所
┃ タイ王国大阪総領事館
┃ TEL:06-6271-1395 FAX:06-6271-1394
┃ Eメール: osaka@boi.go.th
┃●国際機関 日本アセアンセンター・投資部
┃ TEL:03-5402-8006 FAX:03-5402-8007
┃ URL:http://www.asean.or.jp/ja
 
posted by Mark at 21:22| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日タイ王国大使館・総領事館

タイ王国大使館
Royal Thai Embassy in Japan
〒141-0021 品川区上大崎3丁目14-6
電話:03-3447-2247
特命全権大使:スウィット・シマサクン 閣下
H. E. Mr. Suvidhya Simaskul

在大阪タイ王国総領事館
Royal Thai Consulate-General in Osaka
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1丁目9-16 バンコク銀行ビル1、4、5階
電話:06-6262-9226、06-6262-9227
総領事:スポット・イサラーングーン・ナ・アユッタヤ 氏
Mr. Supote ISARANKURA NA AYUDHYA
管轄区域:近畿

在名古屋タイ王国名誉総領事館
Royal Thai Honorary Consulate-General in Nagoya
〒460-0003 名古屋市中区錦3丁目6-29
電話:052-963-3451
名誉総領事:三輪隆康 氏
Mr. MIWA Takayasu
管轄区域:愛知

在宇部タイ王国名誉領事館
Royal Thai Honorary Consulate in Ube
〒755-0041 宇部市朝日町5丁目1-1001
電話:0836-32-2277
名誉領事:土屋直裕 氏
Mr. TSUCHIYA Naohiro
管轄区域:広島、山口

在札幌タイ王国名誉領事館
Royal Thai Honorary Consulate in Sapporo
管轄区域:北海道

在那覇タイ王国名誉領事館
Royal Thai Honorary Consulate in Naha
〒903-0814 沖縄県那覇市首里崎山町1-35
電話:098-885-1534
名誉領事:佐久本 武 氏
Mr. SAKUMOTO Takeshi
管轄:沖縄

posted by Mark at 01:03| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

BOIタイビジネスミッションへのご参加を募集いたします。     2009年5月11日(月)〜16日(土) 6日間

この度、タイBOI東京事務所およびBOI大阪事務所は、

2009年5月11日から16日までの6日間にわたり、

現地視察及びサブコン・タイランドの参加ミッションを企画致しました。



ミッションでは、ジェトロバンコクおよび盤谷日本人商工会議所を訪問するほか、

300社に及ぶ部品メーカーがそれぞれの製品を出展する、

タイ国で唯一の下請け製造業者専門展示会「SUBCON THAILAND2009」

http://www.subconthailand.com/)に参加します。



また、展示会の視察に加え、ご希望に応じて、「ビジネスマッチメイク・プログラム」をご提供しております。

同プログラムでは、事前にサプライヤーについての要件をご指定いただき、

それを満たす出展企業との個別会議を設定致します。



本ミッションへの参加により、実際に現地を見てタイの実状を把握することができ、

日系機関・民間機関幹部との懇談及びサブコン・タイランドの参加を通じて

日本で得にくい有益な投資情報を収集して頂きたいと考えております。

タイ投資委員会大阪事務所
タイ王国大阪総領事館
担当: 藤原 利佳子
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町1−9−16
バンコク銀行ビル7階
TEL: (06)6271-1395
FAX: (06)6271-1394
E-mail: osaka@boi.go.th

posted by Mark at 03:01| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日